Dreamers Japan株式会社

Dreamers Japan 株式会社とは…

Dreamers Japan株式会社ってなんの会社?

スポーツを活用したブランディングコンサルタント会社です。

Dreamers Japan株式会社を代理店としてご活用頂く事で、近江商人が大切にしていた、
売り手よし・買い手よし・世間よしという「三方よし」の精神を元に、
商材の社会貢献性を高めさせて頂きます。

弊社が扱わせて頂く商材を様々なスポーツ支援企業・団体・個人に、御紹介させて頂きます。

成約時に弊社が頂く代理店手数料の一部を、様々な社会貢献活動を行う団体の活動費用として活用させて頂き、
持続可能な継続的支援を実現致します。

Dreamers Japan株式会社は、貴社の「販売力強化」が「社会貢献」に直結する形で
全力でサポートさせていただきます。

会社方針

Dreamers Japan株式会社は、健常者/障害者/競技の垣根無く日本のスポーツ価値向上に努めます。

  • 政経に影響されにくい継続的な支援の実現を目指します。
  • 競技引退後も社会で益々輝くアスリート育成に努めます。
  • 社会にスポーツで磨かれた人間力の素晴らしさを様々な形で発信します。

代表挨拶

私は高校を卒業した後、ラグビー推薦で入社した実業団で毎日ラグビー漬けの日々を送っておりました。今にして思えば全く大した選手では無かったのですが、ラグビーを通しての様々な出会いや明確な目標を持てる充実した日々をアスリートとしてすごせていました。
ラグビーのない生活は考えられないと言っても過言では無い日々でした。

しかし事故で24歳の時に頭蓋骨陥没骨折・脳挫傷という怪我をしてしまい、気がつけばラグビーが出来ない身体になっていたという経験があります。

意識は戻ったものの、すぐに自分の状況を受入れる事は出来ませんでした。自分の全てを無くしてしまったという失望感、これからどうやって生きて行けばいいのか判らない不安、ラグビーでやり残した事への後悔から、「引退」を認める事は自分の存在価値が無くなった事を認める事になるという怖さから逃げ出したかった当時の気持ちを覚えています。
明日の生き方が判らず途方にくれてしまいました。

しかし様々な方々から温かいサポートを頂き、手探りでしたが素晴らしい経験を積ませて頂きました。
スポーツを通しての数々の御縁に救われて「今」を受入れる事が出来ました。
今では競技者時代と変わらぬ高いモチベーションを持って充実した日々を再び手にする事が出来ました。
振り返れば「あの事故さえ無ければ。。」と現実から逃げ続けた20代でした。しかし今では「あの事故のおかげで今がある」と感じています。自分自身の経験から、アスリートの引退後の「不安」を「希望」に代える活動を人生のミッションであると考えています。

Dreamers Japan株式会社はアスリートのキャリアプランを社会で考える機会を提供させて頂きます。

Sports競技で磨かれた人間力の活かせ方を社会で考える事は、個性を活かせる事の素晴らしさを社会に発信する事に繋がり、Sportsから心のバリアフリーへの発信にも必ず繋がると考えています。

アスリートの引退後の「不安」を「希望」に代える事は、日本のSportsの価値を向上させる事はもちろん、日本を明るく照らす原動力に必ずなると信じています。

Dreamers Japan株式会社
代表取締役  本田 康弘

ブログ・Facebook

ADDRESS


↑ PAGE TOP